top of page

足湯のススメ

こんにちは

SOLARのフジセです。


すっかり寒くなりました。

先日は一日中雪も降りましたし

朝晩の冷え込みも格別で

「THE 冬」

って感じですね。




寒い冬は足湯がおススメ




1. 寒いときの体の状態



人間の体は

寒くなると毛細血管をぎゅっと縮めて

末梢の血流を抑えることで

冷気に触れる血液量を絞って体温を保持しようとします。


また、筋肉を収縮させることで

熱を作り出し体温を上げようとします。

鳥肌が立つのもこの原理で

起毛筋という小さな筋肉が収縮することによっておこります。

カタカタ震えるのも同じ原理です。



このような寒さに対する体の反応のため

体の緊張が増し

末梢への血流が抑制され

肩こりや首のコリ足のハリなどが出やすくなるのが

冬の体の特徴です。






2. 足湯のメリット




上記のような体の状態を緩和するためには

足を温めるのがおススメです。


足先を

40~42度程度の温湯で温めると

足の毛細血管が開き

さらには心臓に戻る血液も温まります。

すると全身に再びめぐっていく血液が暖かくなるため

内側から体を温めることができます。


そのため体を温めるために収縮していた

筋肉の緊張をとることができます。



また寝る前の足湯は

一旦体温を上げてくれるので

体温が下がるときに人間は深い眠りに落ちることができるため

寝つきがよくなります。


体を芯から温めることができるので

免疫力や自律神経にも良い影響があります。




3. 足湯のやりかた・お勧めのアロマオイル



足が入る大きめの桶を用意します。

42度程度のお湯をくるぶしほどの高さまで入れます。

アロマオイルを入れる場合は

乳化剤や市販のホホバオイルやオリーブオイルなどにアロマを混ぜてから入れることで

よりアロマの効果を引き出せます。


おススメのアロマオイルは

  • オレンジ・スイート

  • レモン

  • ローズマリー

  • ジンジャー

  • ブラックペッパー


などです。

また「塩」を小さじ1程度入れることでも血行促進効果があります。



ぜひとも

足湯で寒い季節を健康に乗り切っていきましょう。






閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

体質と食事(脂肪型)

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 脂肪がつきやすい体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で皮下脂肪が多いタイプの人は 「内胚葉」と言われます。 内胚葉は、消化器系や乳腺、皮膚のすぐ下の組織などを作るために分化していくものです。 消化器官の働きが強いため 少

体質と食事(筋肉質型)

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 筋肉質な体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で筋肉質な体型の人は 「中胚葉」と言われます。 中胚葉は、骨格・筋肉が遺伝的に強いため 少しの運動ですぐに筋肉がつきますが 食べ過ぎると筋肉の周りに脂肪がつくため 余計に大きく

体質と食事(やせ型)

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質と食事について 食事について 胚葉学とアーユルベーダの視点から見てみたいと思います。 まず ・ やせ型の人 1.胚葉学 胚葉学でやせ型の人を見てみると 「外肺葉」に該当します。 筋肉が少なく体幹が弱く、 食べても太りにくい、いわゆる燃費が悪い体と言われています。 そのため タンパク質をきちんととることが推奨さます。 肉だけでなく、卵、魚、チ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page