肩コリはなぜおこるのか(1)

こんにちは。

ボディメンテナンスとフェイシャルエステSOLARのフジセです。



「マッサージに行っても

数日経てば肩コリが再発する」

そんなお悩みはよく聞きます。



整形外科に行っても

特に問題ないですと言われる。

痛み止めだけ出されて終わり。

でも肩コリから定期的にひどくなって頭痛になる。

頭痛がひどくなると吐き気も……


と悩まれているお客様も多くいらっしゃいます。



肩コリの原因として挙げられるのは5つあります。

  1. 頭の重心が前にずれている(口呼吸・スマホ首・ストレートネックなど)

  2. 肩甲骨が不安定または正しい位置にない(首と肩甲骨は筋肉でつながっているので影響を受けやすい)

  3. 胸部の筋肉が硬い(これは肩甲骨を引っ張って位置をずらしてしまうこととセット)

  4. 背骨の緊張が取れていない

  5. 目の疲れが強い


一つ一つ丁寧に解説したいので

次回からは回数を分けて、順番に詳しく解説したいと思います。

興味がある方はそちらも読んでください。


多くの方は理由はいいから

治し方教えてよ!

と思われると思うので

今回は、先に繰り返す肩コリを治す方法をお伝えします。


要は原因を取り除けばいいのですから

  1. 頭の重心をずらさない(姿勢を正して背骨の上に頭を乗せる)

  2. 肩甲骨を自由かつ安定的に動かせるようにほぐす・トレーニングを行う

  3. 小胸筋をほぐす・ストレッチする

  4. 背骨を丸める&そらす、不要に緊張しない動かし方を学習する

  5. 目を温める・目の潤いを保つ目薬を頻繁に差す

以上が肩コリを解消するために効果的な方法です。


では正しい姿勢とは?

肩甲骨を安定させる?

小胸筋ってどこ?


というのも、長くなるのでまた別で解説します。


今回は

私が把握している肩こりの主な原因と

そのざっくりとした解決策をお伝えしました。



それぞれの詳しい解説は

記事ができ次第リンクを貼りますのでお楽しみに。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 筋肉痛の時 マッサージをしていいのかどうか まず筋肉痛とは 筋肉が高い負荷によって傷ついた状態です。 そこから筋肉が再生するまでに4日前後かかりますが この間にもっと負荷に耐えれるようにするために 筋肉が太く強くなることを超回復と呼んでいます。 結論から言うと 筋肉痛の段階によって手法を変えています。 筋肉痛が出る前だったら柔らかく筋肉を揺らして血流を

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 腰が動かないから 肩がこるというお話です。 力仕事や体を動かすことが多い人で 肩がこったり腕の疲れが強い人に多いのが 腰の動き(=股関節)が悪いことが原因である場合が多いです。 股関節がうまく使えず 腰のパワーが出せないために 肩で必要パワーを補ってしまうため 肩がこったり、いつもの動きなのに腕が筋肉痛になる といった現象が起こります。 そうした場合

こんにちは SOLARのフジセです。 今日は腕のしびれについて。 腕のしびれが出る場合 神経系統の傷害が疑われます。 もちろん整形外科にかかってもらって 頸椎の損傷やヘルニアなどがないか診てもらうことが大切です。 頸椎に問題がない場合 胸郭出口症候群 になっているケースが多くみられます。 胸郭出口とは 鎖骨と肋骨の間を通って腕に神経が走る通り道です。 胸郭出口症候群は その神経の通り道が狭くなるこ