肩こりはなぜ起こるのか(5)

やっと肩こりの原因解説の後半に入りました。


今日は


「背骨の緊張が取れていない」


について解説したいと思います。


背骨=背中が緊張しているということは

背骨と肩甲骨を繋げている


僧帽筋(肩を覆うようについているひし形の筋肉)

大菱形筋・小菱形筋(背骨と肩甲骨を結び付ける筋肉)


も一緒に緊張している状態になります。

こうなると丁番がさび付いたドアのように

腕と肩甲骨を動かすとき

自由が奪われてしまいます。




また、菱形筋は肩甲下筋と言って肩甲骨と肋骨をつないでいる筋肉と繋がります。

そのせいで肩甲骨の動きを阻害することも多くなります。


こういう場合は肩甲骨はがしなどがとても効果だと思っています。




僧帽筋や菱形筋は

特に肩甲骨が前にずれている場合は

常に引き延ばされている状態になります。


筋肉はゴムのように伸縮性がありますが

ずっと引っ張っているとだんだん傷んでしまいます。

筋肉はたくさんのゴムの集まりのようなものなので

全部がいきなり切れることはないですが

部分的に切れてしまいます。


小さく切れた部分がかさぶたのようになります。

本来なら免疫細胞がそのかさぶたを食べてくれるのですが

筋肉がずっと引っ張られていると

血行が悪くなったり

何度もかさぶたを作る必要があったりで

免疫細胞がうまく食べてくれなくなります。

そうして取り残された老廃物が

筋肉の間で

こりとなって残るようになります。



医学的には厳密には違うこともあるでしょうが

わたしの理解はこんな感じです。



この場合対処法としては

引っ張り戻すための力を

僧帽筋や菱形筋に付ける。

つまりトレーニングです。


屋や外側に向かってY字に万歳をしたら

肩甲骨を寄せながら腕を下げる。

もしくはY字から肩甲骨だけを動かすして寄せます。


仕事の合間など

ぐーっと伸びをして

ついでに肩甲骨だけを寄せたり戻したりしてみてください。

思ったより

肩首がすっと軽くなると思います。





閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 筋肉痛の時 マッサージをしていいのかどうか まず筋肉痛とは 筋肉が高い負荷によって傷ついた状態です。 そこから筋肉が再生するまでに4日前後かかりますが この間にもっと負荷に耐えれるようにするために 筋肉が太く強くなることを超回復と呼んでいます。 結論から言うと 筋肉痛の段階によって手法を変えています。 筋肉痛が出る前だったら柔らかく筋肉を揺らして血流を

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 腰が動かないから 肩がこるというお話です。 力仕事や体を動かすことが多い人で 肩がこったり腕の疲れが強い人に多いのが 腰の動き(=股関節)が悪いことが原因である場合が多いです。 股関節がうまく使えず 腰のパワーが出せないために 肩で必要パワーを補ってしまうため 肩がこったり、いつもの動きなのに腕が筋肉痛になる といった現象が起こります。 そうした場合

こんにちは SOLARのフジセです。 今日は腕のしびれについて。 腕のしびれが出る場合 神経系統の傷害が疑われます。 もちろん整形外科にかかってもらって 頸椎の損傷やヘルニアなどがないか診てもらうことが大切です。 頸椎に問題がない場合 胸郭出口症候群 になっているケースが多くみられます。 胸郭出口とは 鎖骨と肋骨の間を通って腕に神経が走る通り道です。 胸郭出口症候群は その神経の通り道が狭くなるこ