秋の罠(寒暖差)

こんにちは

SOLARのフジセです。




お盆過ぎて

少しずつ秋めいてきました。

朝晩が少し涼しくなる日も増えてきたように思います。




さて、

朝晩の冷え込みの時期

(25度を下回る気温が出始めた時)

体は冬の体に変わり始めます。




1.体の変化


  • 夏に疲れた部分が寒さによって硬くなり疲れた部分が使いにくくなります。


  • 筋肉の弾力が落ち得意な側(左右どちらか)ばかりを使ってしまいがちになります。


  • ↑のため体のゆがみが起きやすく痛みが出やすい時期になります。




2.対策



  • 運動や活動時の前には、汗がしっかりと出るくらいまで体を温めてから動くようにしましょう。


  • スポーツでは基本に立ち返りフォームや足腰の使い方に差が出ないようすることをお勧めします。


  • 日常生活では、かいた汗はすぐに拭いて肌寒さを感じないよう上着などをきちんと着込みましょう。寒暖差の激しい中に体を飛び込ませず、きちんと調節することが大切です。





少しでも季節による体の変化を理解しておくと

メンテナンスしやすく

また体の痛みに繋がることも少なくなります。


今年はぜひ以上のことに気を付けて過ごしてみてください。


閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 脂肪がつきやすい体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で皮下脂肪が多いタイプの人は 「内胚葉」と言われます。 内胚葉は、消化器系や乳腺、皮膚のすぐ下の組織などを作るために分化していくものです。 消化器官の働きが強いため 少

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 筋肉質な体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で筋肉質な体型の人は 「中胚葉」と言われます。 中胚葉は、骨格・筋肉が遺伝的に強いため 少しの運動ですぐに筋肉がつきますが 食べ過ぎると筋肉の周りに脂肪がつくため 余計に大きく

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質と食事について 食事について 胚葉学とアーユルベーダの視点から見てみたいと思います。 まず ・ やせ型の人 1.胚葉学 胚葉学でやせ型の人を見てみると 「外肺葉」に該当します。 筋肉が少なく体幹が弱く、 食べても太りにくい、いわゆる燃費が悪い体と言われています。 そのため タンパク質をきちんととることが推奨さます。 肉だけでなく、卵、魚、チ