皮膚と筋肉

こんにちは

SOLARのフジセです。




今回はちょっとしたお話し。

皮膚の潤いと筋肉の、意外と密接な関係について。



皮膚が体の柔軟性に与える影響は2%程度と言われています。


皮膚の柔らかさは

主に潤いに左右されます。

乾燥した皮膚より

みずみずしい皮膚の方が

しなやかに体の動き合わせることができます。


また、皮膚や筋膜は近く影響を受けやすいため

皮膚の硬さに引っ張られて筋膜のすべりを悪くしてしまいます。


このように連鎖的に皮膚の硬さが波及して筋肉への柔軟性に影響していくのだろうと考えています。


ボディークリームやボディー化粧水での潤いケアは

美容のためのだけでなく

皮膚と筋肉の柔軟性を保つためにも有効になります。



閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 脂肪がつきやすい体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で皮下脂肪が多いタイプの人は 「内胚葉」と言われます。 内胚葉は、消化器系や乳腺、皮膚のすぐ下の組織などを作るために分化していくものです。 消化器官の働きが強いため 少

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 筋肉質な体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で筋肉質な体型の人は 「中胚葉」と言われます。 中胚葉は、骨格・筋肉が遺伝的に強いため 少しの運動ですぐに筋肉がつきますが 食べ過ぎると筋肉の周りに脂肪がつくため 余計に大きく

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質と食事について 食事について 胚葉学とアーユルベーダの視点から見てみたいと思います。 まず ・ やせ型の人 1.胚葉学 胚葉学でやせ型の人を見てみると 「外肺葉」に該当します。 筋肉が少なく体幹が弱く、 食べても太りにくい、いわゆる燃費が悪い体と言われています。 そのため タンパク質をきちんととることが推奨さます。 肉だけでなく、卵、魚、チ