湿気とやる気

こんにちは

SOLARのフジセです。


6月の梅雨時期に悩まされる


「ジメっとしていると

なんだか体が重くてやる気が出ない問題」


について今日は私なりの対処法を紹介します。


結論から言うと


「ちょっと熱め(42度くらい)のお風呂に、朝、10分ほど浸かる」




ことで体がしゃっきっとして

体にたまった湿気の重さを取り除くことができます。


東洋医学では湿気が体に悪さをしている状態を湿邪というそうです。

湿邪によって体の水分の流れが滞り溜め込んでいる状態をイメージしてもらうといいでしょう。

対処法としては食事で冷たいものや生ものを控え

胃腸の働きを活発化させるショウガやニンニク、唐辛子、山椒などを取り余分な水分の排出を鵜がなすことが必要とされています。


また余分な水分を出すために運動や、入浴で汗を出すことも効果的と言われています。


また42度という温度は

ヒートショックプロテインと呼ばれる物質が体の中で作られ

それが免疫力やストレス耐性が上がり

胃腸をはじめとした内臓の働きを守り

自律神経のバランスも整いやすくなると言われています。



この二つの点から

湿気が高く

体がだるい時期は

朝、42度のお風呂に10分ほどざぶっと浸かる、ということをお勧めしています。


閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 筋肉痛の時 マッサージをしていいのかどうか まず筋肉痛とは 筋肉が高い負荷によって傷ついた状態です。 そこから筋肉が再生するまでに4日前後かかりますが この間にもっと負荷に耐えれるようにするために 筋肉が太く強くなることを超回復と呼んでいます。 結論から言うと 筋肉痛の段階によって手法を変えています。 筋肉痛が出る前だったら柔らかく筋肉を揺らして血流を

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 腰が動かないから 肩がこるというお話です。 力仕事や体を動かすことが多い人で 肩がこったり腕の疲れが強い人に多いのが 腰の動き(=股関節)が悪いことが原因である場合が多いです。 股関節がうまく使えず 腰のパワーが出せないために 肩で必要パワーを補ってしまうため 肩がこったり、いつもの動きなのに腕が筋肉痛になる といった現象が起こります。 そうした場合

こんにちは SOLARのフジセです。 今日は腕のしびれについて。 腕のしびれが出る場合 神経系統の傷害が疑われます。 もちろん整形外科にかかってもらって 頸椎の損傷やヘルニアなどがないか診てもらうことが大切です。 頸椎に問題がない場合 胸郭出口症候群 になっているケースが多くみられます。 胸郭出口とは 鎖骨と肋骨の間を通って腕に神経が走る通り道です。 胸郭出口症候群は その神経の通り道が狭くなるこ