気圧と頭痛

こんにちは。

SOLARのフジセです。


今回は気圧と体の変化について。


気圧の低下によって頭痛が起こる方もいると思います。


こうした片頭痛の原因でよくあるものが

血管の収縮や膨張がうまく行かずに起こると考えていいと思います。


収縮が強い・血管が膨張している・血流の多少

こういったものが

血管やその周辺の筋肉の柔軟性が低くなっていることで

気圧による外からの圧力の変化に対応できず

片頭痛となって現れます。


こうした方に

お勧めしているのは

僧帽筋(背中から首を覆うようにひし形についている筋肉)の柔軟性を出すことです。

柔軟性といってもストレッチではなく


バンザイした状態から

肘を下げるように肩甲骨を寄せるような運動です。


肩甲骨と腕をしっかりと動かすことで僧帽筋が動きます。

僧帽筋は常に生活の中で伸ばされて使っているため(腕を前に出したり首を前に出す)

縮めるように使うことで筋肉の弾力を取り戻します。


片頭痛に悩まされている方は

ぜひ試してみてください。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 筋肉痛の時 マッサージをしていいのかどうか まず筋肉痛とは 筋肉が高い負荷によって傷ついた状態です。 そこから筋肉が再生するまでに4日前後かかりますが この間にもっと負荷に耐えれるようにするために 筋肉が太く強くなることを超回復と呼んでいます。 結論から言うと 筋肉痛の段階によって手法を変えています。 筋肉痛が出る前だったら柔らかく筋肉を揺らして血流を

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 腰が動かないから 肩がこるというお話です。 力仕事や体を動かすことが多い人で 肩がこったり腕の疲れが強い人に多いのが 腰の動き(=股関節)が悪いことが原因である場合が多いです。 股関節がうまく使えず 腰のパワーが出せないために 肩で必要パワーを補ってしまうため 肩がこったり、いつもの動きなのに腕が筋肉痛になる といった現象が起こります。 そうした場合

こんにちは SOLARのフジセです。 今日は腕のしびれについて。 腕のしびれが出る場合 神経系統の傷害が疑われます。 もちろん整形外科にかかってもらって 頸椎の損傷やヘルニアなどがないか診てもらうことが大切です。 頸椎に問題がない場合 胸郭出口症候群 になっているケースが多くみられます。 胸郭出口とは 鎖骨と肋骨の間を通って腕に神経が走る通り道です。 胸郭出口症候群は その神経の通り道が狭くなるこ