正しい姿勢(まとめ)

数回にわたって正しい姿勢を保つために重要な

4つのことを紹介してきました。


  • 足と接地(かかと・母指球・小指球の三点で立つ)

  • 骨盤のニュートラルポジション(前傾にも後傾にも骨盤が動くポジション)

  • 肋骨と正しい呼吸(下部肋骨がきちんと膨らみ/しぼみ、腹式呼吸を保っていること)

  • 口と舌(口を閉じ、舌を上あごに付けて軸をつくる)


これらによって安定した体の軸ができると

自然と立ち姿勢は

  • 耳たぶ

  • 肩峰

  • 大腿骨大転子

  • くるぶし

を縦一直線に結ぶようになります。


地球上で生きている限り

常に重力という圧がのしかかっています。

正しい姿勢は

人間が上からの重力に最も負担なく耐え

かつ、どんな動きにもすぐに入れる状態になります。


反対に、正しい姿勢が取れていないと

重力に耐えるために

体の一部に些細な緊張が走り

それが常習化することによって

肩こりや腰痛など

体の様々な不調を引き起こします。


肩こりや腰痛、膝や股関節の痛みなどを抱えている方は

まず姿勢から見直してみてはいかかでしょうか。

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 筋肉痛の時 マッサージをしていいのかどうか まず筋肉痛とは 筋肉が高い負荷によって傷ついた状態です。 そこから筋肉が再生するまでに4日前後かかりますが この間にもっと負荷に耐えれるようにするために 筋肉が太く強くなることを超回復と呼んでいます。 結論から言うと 筋肉痛の段階によって手法を変えています。 筋肉痛が出る前だったら柔らかく筋肉を揺らして血流を

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 腰が動かないから 肩がこるというお話です。 力仕事や体を動かすことが多い人で 肩がこったり腕の疲れが強い人に多いのが 腰の動き(=股関節)が悪いことが原因である場合が多いです。 股関節がうまく使えず 腰のパワーが出せないために 肩で必要パワーを補ってしまうため 肩がこったり、いつもの動きなのに腕が筋肉痛になる といった現象が起こります。 そうした場合

こんにちは SOLARのフジセです。 今日は腕のしびれについて。 腕のしびれが出る場合 神経系統の傷害が疑われます。 もちろん整形外科にかかってもらって 頸椎の損傷やヘルニアなどがないか診てもらうことが大切です。 頸椎に問題がない場合 胸郭出口症候群 になっているケースが多くみられます。 胸郭出口とは 鎖骨と肋骨の間を通って腕に神経が走る通り道です。 胸郭出口症候群は その神経の通り道が狭くなるこ