内臓を温める

こんにちは

SOLARのフジセです。


前回

内臓のコリは

内臓の冷えや、食べ過ぎによっておこると話しました。


凝り固まってしまった部分は

じんわりと押してもいいですが


内臓が冷えている場合や

食べ過ぎた次の日は

内臓を温めておくのがよいです。


そのためには

足湯がお勧めです。


足裏には内臓に繋がるツボがたくさんあり

足裏が温まることで

内臓に影響が及びます。


42度くらいの温度で温めると

ふくらはぎや、足首の動きもよくなり

末端の血液が温まることで

臓器に行く血液や

心臓に戻る血液も温まります。



逆に冷房などで足が冷えると

内臓まで冷えていくことになります。



足を冷やさない

冷えたら温める

というのが内臓の健康を守ることにもつながります。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 朝晩が少しずつ涼しくなってきました。 食欲の秋という言葉もありますが この季節になってくるとおいしいものもたくさん出てきて ついつい食べ過ぎてしまうことも多いと思います。 満腹まで食べることの悪影響 臓器も筋肉でできています。 不随意筋と呼ばれる、無意識で動かせる筋肉です。 筋肉ですから、オーバーワークによって肩こりと同じように不調を起こします。 お腹いっぱい

こんにちは SOLARのフジセです。 お盆過ぎて 少しずつ秋めいてきました。 朝晩が少し涼しくなる日も増えてきたように思います。 さて、 朝晩の冷え込みの時期 (25度を下回る気温が出始めた時) 体は冬の体に変わり始めます。 1.体の変化 夏に疲れた部分が寒さによって硬くなり疲れた部分が使いにくくなります。 筋肉の弾力が落ち得意な側(左右どちらか)ばかりを使ってしまいがちになります。 ↑のため体の

こんにちは SOLARのフジセです。 最近まだまだ暑いですね。 エアコンをつけたまま寝る方も多いと思います。 そこで エアコンや扇風機の夏の注意点についてお話を。 ここ最近 肩こりのお客様が多くなっています。 思い当たることでよくあげられるのは 「エアコンの風が直で当たっている」 ということ。 なぜエアコンの風が当たるとよくないのか 基本的には 冷風が当たることで 汗が蒸散し熱が逃げます。 そして