内臓を温める

こんにちは

SOLARのフジセです。


前回

内臓のコリは

内臓の冷えや、食べ過ぎによっておこると話しました。


凝り固まってしまった部分は

じんわりと押してもいいですが


内臓が冷えている場合や

食べ過ぎた次の日は

内臓を温めておくのがよいです。


そのためには

足湯がお勧めです。


足裏には内臓に繋がるツボがたくさんあり

足裏が温まることで

内臓に影響が及びます。


42度くらいの温度で温めると

ふくらはぎや、足首の動きもよくなり

末端の血液が温まることで

臓器に行く血液や

心臓に戻る血液も温まります。



逆に冷房などで足が冷えると

内臓まで冷えていくことになります。



足を冷やさない

冷えたら温める

というのが内臓の健康を守ることにもつながります。




閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 脂肪がつきやすい体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で皮下脂肪が多いタイプの人は 「内胚葉」と言われます。 内胚葉は、消化器系や乳腺、皮膚のすぐ下の組織などを作るために分化していくものです。 消化器官の働きが強いため 少

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 筋肉質な体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で筋肉質な体型の人は 「中胚葉」と言われます。 中胚葉は、骨格・筋肉が遺伝的に強いため 少しの運動ですぐに筋肉がつきますが 食べ過ぎると筋肉の周りに脂肪がつくため 余計に大きく

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質と食事について 食事について 胚葉学とアーユルベーダの視点から見てみたいと思います。 まず ・ やせ型の人 1.胚葉学 胚葉学でやせ型の人を見てみると 「外肺葉」に該当します。 筋肉が少なく体幹が弱く、 食べても太りにくい、いわゆる燃費が悪い体と言われています。 そのため タンパク質をきちんととることが推奨さます。 肉だけでなく、卵、魚、チ