内臓も筋肉

こんにちは

SOLARのフジセです。



今回は内臓の話。


人間の体は

動くために筋肉が必要で

腕や足など関節の大きな動きは

筋肉によって骨を動かして作っています。


内臓も同じように

食べ物を蠕動運動によって下へと押し流すように

筋肉で動いています。

この筋肉は

自分の意志で動かせない

不随意筋と分類されるもので

同時に平滑筋とも呼ばれ

大きなパワーを出すのには向いていないけれども

小さなパワーで長い時間動き続けてくれます。




ところで

この内臓の筋肉も

時にコリと同じようになることがあります。

(私の経験則なので、コリのようなものとさせていただきます)


それが

冷たいものを摂り過ぎた時や

食べ過ぎた時

です。


寒い冬の日に

薄着で外に放りだされたら

肩に力が入って、首をすくめて

次の日はきっと肩がこりってしまいます。

体も冷たくなって

血の巡りも、なんだか冷たくなってきて体が芯から冷えてしまう。


人間がアイスや冷たいものを食べた時

まさに胃や腸はそんな思いをしています。


適度に熱を持った体を冷やす程度であればいいのですが

アイスや冷たいものの食べ過ぎ


だんだんと内臓の熱を奪い

血管が冷たさで収縮し

血流が悪くなり

内臓の筋肉に

コリと同じような状態をもたらしてしまうようです。


食べ過ぎた時

というのは

まさに会社の残業に似ています

オーバーワークによる疲れの蓄積

それによって

消化器官の筋肉運動が弱くなってしまう。


通常

代表的な栄養素が消化されるまで下記の時間がかかるといわれています。

炭水化物(ご飯・パン・麺)・・・2~3時間。

タンパク質(魚・肉・卵・豆腐)・・・4~5時間、

脂肪・・・7~8時間


お酒の席などはつい脂っこいもの

塩気の多いものなどが欲しくなります。

締めにラーメンなんてのも

よく聞きますよね。


夕方から食事しだして

お酒を飲みながら2件目・3件目

気づけば深夜

なんてことになると

消化器官はその後7~8時間は働かないといけないわけですから

徹夜で残業です。


そして朝を迎え

また朝食が入ってき足りしてそこからお昼まで

まるでブラック企業です。

そうして内臓の筋肉も

疲労がたまり

動きが悪くなることがあるようです。




内臓のためにとは言いませんが、

やはり不摂生は頻繁にするものではありませんね。


元気で健康な体を維持するためにも

気を付けたいところです。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 筋肉痛の時 マッサージをしていいのかどうか まず筋肉痛とは 筋肉が高い負荷によって傷ついた状態です。 そこから筋肉が再生するまでに4日前後かかりますが この間にもっと負荷に耐えれるようにするために 筋肉が太く強くなることを超回復と呼んでいます。 結論から言うと 筋肉痛の段階によって手法を変えています。 筋肉痛が出る前だったら柔らかく筋肉を揺らして血流を

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 腰が動かないから 肩がこるというお話です。 力仕事や体を動かすことが多い人で 肩がこったり腕の疲れが強い人に多いのが 腰の動き(=股関節)が悪いことが原因である場合が多いです。 股関節がうまく使えず 腰のパワーが出せないために 肩で必要パワーを補ってしまうため 肩がこったり、いつもの動きなのに腕が筋肉痛になる といった現象が起こります。 そうした場合

こんにちは SOLARのフジセです。 今日は腕のしびれについて。 腕のしびれが出る場合 神経系統の傷害が疑われます。 もちろん整形外科にかかってもらって 頸椎の損傷やヘルニアなどがないか診てもらうことが大切です。 頸椎に問題がない場合 胸郭出口症候群 になっているケースが多くみられます。 胸郭出口とは 鎖骨と肋骨の間を通って腕に神経が走る通り道です。 胸郭出口症候群は その神経の通り道が狭くなるこ