体質と食事(やせ型)

こんにちは

SOLARのフジセです。


前回に引き続き

体質と食事について



食事について

胚葉学とアーユルベーダの視点から見てみたいと思います。





まず

・ やせ型の人



1.胚葉学


胚葉学でやせ型の人を見てみると

「外肺葉」に該当します。


筋肉が少なく体幹が弱く、

食べても太りにくい、いわゆる燃費が悪い体と言われています。


そのため

タンパク質をきちんととることが推奨さます。

だけでなく、チーズなどの乳製品などもよいといわれます。

冷え性のひとが多いため

そのため血流を促進するビタミンEを多く含むナッツ類を摂取するとよいです。

ショウガ山椒ニンニクなどもお勧めです。


消化器系が強くないため

通常の食事量では多く感じる人も多いため

少量の食事を回数多く摂るほうが負担が少なく、しっかり必要な栄養を摂ることができる人も多いでしょう。





2.アーユルベーダ


アーユルベーダによると

やせ型はヴァータに当たると思われます。

華奢な人が多く、乾燥や冷えがあり、睡眠不足や寒暖差の影響などを大きく受けるそうです。


一年を通して、温かいもの熱を通したもの(グリルより、煮物や炒め物)、柔らかく消化のいいものを摂るのがいいといわれています。

甘味・酸味・塩味を中心にとることと、乳製品のほとんどが摂るとよいといわれるそうです。

味付けにはスパイスレモンはちみつを良く用いるとよいとされ、

自然の甘さを含んだサツマイモニンジンジャガイモカブなどもよいとされます。


アーユルベーダの特徴として食べる環境も言われており、

ヴァータは流動的な性質のため、不規則な食事やながら食べ、早食いは良くないされ、

毎日規則的な時間に、落ち着いた環境で食事と向き合うのがよいといわれています。






以上がやせ型の人の体質に合った食事法をご紹介しました。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 脂肪がつきやすい体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で皮下脂肪が多いタイプの人は 「内胚葉」と言われます。 内胚葉は、消化器系や乳腺、皮膚のすぐ下の組織などを作るために分化していくものです。 消化器官の働きが強いため 少

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 筋肉質な体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で筋肉質な体型の人は 「中胚葉」と言われます。 中胚葉は、骨格・筋肉が遺伝的に強いため 少しの運動ですぐに筋肉がつきますが 食べ過ぎると筋肉の周りに脂肪がつくため 余計に大きく

こんにちは SOLARのフジセです。 今回は 体質分類と食事の話 古今東西の体質の分け方を見てみると 人間の体質はおおよそ3つに別けられているようです。 インドの「アーユルヴェーダ」では 「ヴァータ・カパ・ピッタ」 の3つに分けられ ダイエットの業界では遺伝的な脂肪のつきやすさを 「リンゴ型・洋ナシ型・バナナ型」 として3つに 「胚葉学」では 「外肺葉・内肺葉・中胚葉」 の3つに 東洋医学は 最終