top of page

エアコンの直風に注意

こんにちは

SOLARのフジセです。


最近まだまだ暑いですね。

エアコンをつけたまま寝る方も多いと思います。

そこで

エアコンや扇風機の夏の注意点についてお話を。



ここ最近

肩こりのお客様が多くなっています。

思い当たることでよくあげられるのは

「エアコンの風が直で当たっている」

ということ。


なぜエアコンの風が当たるとよくないのか

基本的には

冷風が当たることで

汗が蒸散し熱が逃げます。

そして体温が下がり血管が収縮し血流が滞ります。

また、冷風が過ぎると方に力が入ります。

この二つのせいで肩こりになります。


扇風機についても

風が汗を早く蒸散させ

だんだんと水分を奪い

水分部族になった細胞の伸縮が悪くなります。

なので皮膚が突っ張ったような感覚になる方もいらっしゃいます。



私は基本的には

エアコンや扇風機の風を

壁などでいったん反射させて体に当てるようにします。

また薄い掛け布団を使って体に風が当たらないようにします。



お布団を使っている方は

冷気が下にたまるため

シーリングファンなどで穏やかに空気を撹拌して

部屋の温度をなるべく均一にすることもお勧めです。



このような工夫をすることで

エアコンをつけていてもだるさなく快適に眠れると思います。

思い当たる方はぜひ試してみてください。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

足湯のススメ

こんにちは SOLARのフジセです。 すっかり寒くなりました。 先日は一日中雪も降りましたし 朝晩の冷え込みも格別で 「THE 冬」 って感じですね。 寒い冬は足湯がおススメ 1. 寒いときの体の状態 人間の体は 寒くなると毛細血管をぎゅっと縮めて 末梢の血流を抑えることで 冷気に触れる血液量を絞って体温を保持しようとします。 また、筋肉を収縮させることで 熱を作り出し体温を上げようとします。 鳥

体質と食事(脂肪型)

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 脂肪がつきやすい体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で皮下脂肪が多いタイプの人は 「内胚葉」と言われます。 内胚葉は、消化器系や乳腺、皮膚のすぐ下の組織などを作るために分化していくものです。 消化器官の働きが強いため 少

体質と食事(筋肉質型)

こんにちは SOLARのフジセです。 前回に引き続き 体質別の食事の注意点を見ていたいと思います。 今回も 胚葉学とアーユルベーダの視点を借りて 体質に合った食事を調べてみました。 ・ 筋肉質な体型の場合 1.胚葉学 胚葉学で筋肉質な体型の人は 「中胚葉」と言われます。 中胚葉は、骨格・筋肉が遺伝的に強いため 少しの運動ですぐに筋肉がつきますが 食べ過ぎると筋肉の周りに脂肪がつくため 余計に大きく

記事: Blog2_Post
bottom of page